カラーミーからアナリティクスのトラッキングID・コードを追加

アナリティクスを使ったe-commerce設定に際してはカラーミーの「レギュラープラン」で契約する必要があります。
*エコノミー/スモールプランは非対応です。(2017年2月現在)

2014年からアナリティクスを使い始めた場合はその正式な名称はユニバーサルアナリティクス(UA)です。以下はユニバーサルアナリティクスでの設定方法です。

カラーミー管理画面「ツール」から「コンバージョンタグ」

カラーミーコンバージョン

コンバージョン入力欄が出てくるが、これはアナリティクスとは関係ないので無視したいところだが、一言触れておく。この入力欄はアドワーズやヤフープロモーション広告のコンバージョンコードをペーストする場所である。下記イメージはアドワーズのコンバージョンタグを出力したところ。

アドワーズコンバージョン

これをコピーして下記イメージの入力欄にペーストするのだ。ここでは「Google Analytics e-commerce」をクリック

コンバージョンコード入力欄

さて、アナリティクスに関係する箇所は以下の通りである。
まず、前回設定したアナリティクスのトラッキングIDとトラッキングコードをカラーミーに適用する。
カラーミーでは手順1~3に分けて説明しているので、ここでも倣いたい。
手順1:
IDはそのまま「トラッキングID」と書かれている箇所にペースト

手順2:
コードは「A」を選択する。理由はアナリティクスのコード設定位置は「<head>~</head>」内で記述することが望ましいため。*下記補足情報も参照のこと。

手順3:該当コードをコピーして「商品詳細ページ」内にペースト。
*下記補足情報も参照のこと。

カラーミーアナリティクス設定
手順2補足情報:
PCとスマホにアナリティクスのトラッキングコードをペーストする。
*アナリティクスはデフォルトでフューチャーフォン(ガラケー)対応していない。

ヘッダー内コード
手順3補足情報:コードを「商品詳細ページ」のHTMLに追加。「デザイン設定」リンクをクリック

カラーミーテンプレート

手順3補足情報:商品詳細の「HTML/CSS編集」クリック。コードをペーストすれば良い。

商品詳細ページ設定

商品詳細コード設置

アナリティクス参照元除外設定

クロスドメイン設定に必要な参照元除外設定である。これで、自社の独自ドメインとショッピングカートを連動させてデータを取得できる。

参照元除外設定

アナリティクス管理画面からトラッキング情報、参照元除外リクエストでカラーミー指定のsho-pro.jp を入力。作成ボタンクリック。

参照元除外設定2

eコマース設定

アナリティクス管理画面からeコマースの設定。ステータス「オン」。次のステップ。
「送信」ボタンクリックで終了。

eコマース

eコマース2

2017年版 カラーミーショップのアナリティクス設定3に続く

webサイト改善
Webサイト改善したいならアジアスターズ
*アジアスターズ代表自身が、鎧をまとっております。

webマーケ関連資格保有

Google Adwords 認定資格・Google Analytics 認定資格GAIQ・Yahoo!プロモーション広告 Advanced 2015・上級ウェブ解析士。アナリティクス アソシエーション (a2i.jp) 有料会員

アナリティクス・アドワーズ初心者向けセミナー

Google アナリティクス 基礎~なるほど、こう使うのか! 7,000円~

Google アナリティクスの基本が分かります

<こんな事が分かるようになります!>

・Google Analyticsの基本的な使い方
・Google Analyticsの用語の理解
・PDCAでGoogle Analyticsを活用
・Search Console(旧Webマスターツール)の基本的な使い方

Google アナリティクス (Universal Analytics)とは:
サイトのユーザーがどこから来て、どこに行って、何をしたのか?Webマーケを考える際のアクセス解析に必要なツール。PDCAサイクルでサイト改善可能です。

Search Console ( 旧Webマスターツール )とは:
Google検索ワードの掲載順位、クリックされた数といったデータが表示されます。SEOに役立つ情報が取得できます。

お申し込みはストリートアカデミーからどうぞ。

Google アドワーズ 基礎~なるほど、こう使うのか! 7,000円~

アドワーズをビジネスに活用できる1歩を踏み出せます

Googleアドワーズとは:
検索連動型広告・ディスプレィ広告・リマーケティング広告出稿に欠かせないツールです。特にWebサイト立ち上げ時には欠かせません。

<こんな事が分かるようになります!>

・キャンペーンとは
・広告グループ
・広告
・キーワード
・除外キーワード
・品質スコア
・リマーケティング

お申し込みはストリートアカデミーからどうぞ。

アナリティクス/アドワーズ/サーチコンソール 全設定

Webマーケティング「三種の神器」を設定します。 10,000円~

1)Google アナリティクス (Universal Analytics):
Webサイトに関わる分析結果を表示します。PDCAサイクルでサイト改善可能です。 お問い合わせ数 等の目標もしっかり設定しましょう。詳しくは目標の無いWebは壊れた羅針盤をお読みください。

2)Google アドワーズ:
検索連動型広告・ディスプレィ広告・リマーケティング広告、各広告出稿に欠かせないツールです。

3)サーチコンソール ( 旧Webマスターツール ):
Google検索ワードの掲載順位、クリックされた数といったデータが表示されます。SEOに役立つ情報が取得できます。

Googleアカウントのみご用意ください。秘密保持契約書(NDA)対応します。3日程度で完了します。Word Press 対応可能です。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

アナリティクスを使ったWeb解析

Google アナリティクス 認定資格者が、貴社のサイトを拝見(過去3ヶ月程度)し、改善点を提案します。今後のマーケティング活動にお役立てください。50,000円 ~

解析に当たっては以下を条件とします。
1)対象は1件につき1ドメイン
2)目標が既に設定されている
3)最低でも3ヶ月間のデータがある
4)データの共有設定
5)メルマガ送信やアドワーズキャンペーン等のイベント実施日時(もしあれば)
この解析により、Webサイトの現状、改善点が明らかになります。
*情報商材系等のサイトは対応不可とさせていただきます。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

アドワーズでの広告戦略アドバイス

アドワーズには検索連動広告、ディスプレイ広告、リマーゲティング広告等があり、顧客の地域・属性・インタレストを絞ったターティング可能です。貴社のお考えをヒアリングし、Googleアドワーズ認定資格者が最適な広告をオススメします。また、広告費をできるだけ「安く」する方法もご提案いたします。特に検索連動広告には費用を安くする方法があるにもかかわらず、それを知らない方が多すぎます。 50,000円~

購入にあたって以下の情報をいただきます。
1)WebサイトのURL
2)商品・サービス(1回につき1点のみ)
3)競合
4)今までのアドワーズ広告実績(もしあれば)
5)アドワーズのデータ共有
*情報商材系等のサイトは対応不可とさせていただきます。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事