カラーミーからアナリティクスのトラッキングID・コードを追加

アナリティクスを使ったe-commerce設定に際してはカラーミーの「レギュラープラン」で契約する必要があります。
*エコノミー/スモールプランは非対応です。(2017年2月現在)

2014年からアナリティクスを使い始めた場合はその正式な名称はユニバーサルアナリティクス(UA)です。以下はユニバーサルアナリティクスでの設定方法です。

カラーミー管理画面「ツール」から「コンバージョンタグ」

カラーミーコンバージョン

コンバージョン入力欄が出てくるが、これはアナリティクスとは関係ないので無視したいところだが、一言触れておく。この入力欄はアドワーズやヤフープロモーション広告のコンバージョンコードをペーストする場所である。下記イメージはアドワーズのコンバージョンタグを出力したところ。

アドワーズコンバージョン

これをコピーして下記イメージの入力欄にペーストするのだ。ここでは「Google Analytics e-commerce」をクリック

コンバージョンコード入力欄

さて、アナリティクスに関係する箇所は以下の通りである。
まず、前回設定したアナリティクスのトラッキングIDとトラッキングコードをカラーミーに適用する。
カラーミーでは手順1~3に分けて説明しているので、ここでも倣いたい。
手順1:
IDはそのまま「トラッキングID」と書かれている箇所にペースト

手順2:
コードは「A」を選択する。理由はアナリティクスのコード設定位置は「<head>~</head>」内で記述することが望ましいため。*下記補足情報も参照のこと。

手順3:該当コードをコピーして「商品詳細ページ」内にペースト。
*下記補足情報も参照のこと。

カラーミーアナリティクス設定
手順2補足情報:
PCとスマホにアナリティクスのトラッキングコードをペーストする。
*アナリティクスはデフォルトでフューチャーフォン(ガラケー)対応していない。

ヘッダー内コード
手順3補足情報:コードを「商品詳細ページ」のHTMLに追加。「デザイン設定」リンクをクリック

カラーミーテンプレート

手順3補足情報:商品詳細の「HTML/CSS編集」クリック。コードをペーストすれば良い。

商品詳細ページ設定

商品詳細コード設置

アナリティクス参照元除外設定

クロスドメイン設定に必要な参照元除外設定である。これで、自社の独自ドメインとショッピングカートを連動させてデータを取得できる。

参照元除外設定

アナリティクス管理画面からトラッキング情報、参照元除外リクエストでカラーミー指定のsho-pro.jp を入力。作成ボタンクリック。

参照元除外設定2

eコマース設定

アナリティクス管理画面からeコマースの設定。ステータス「オン」。次のステップ。
「送信」ボタンクリックで終了。

eコマース

eコマース2

2017年版 カラーミーショップのアナリティクス設定3に続く

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談