タグマネージャとは何なのか?

「Googleアナリティクス」や「Google アドワーズ」のタグを一元管理できるツールです。

タグとはJavascriptで書かれているコードです。以下はアナリティクスタグの例です。

tag

このようなタグを次から次へとサイト内のページに設置して、サイトへのアクセス解析やWeb広告評価に使います。

タグの種類(一部)
Googleアナリティクスタグ
Googleアドワーズ関連タグ
Yahooプロモーション広告関連タグ
Facebook広告タグ
Twitter広告タグ
等々

これらのタグをいちいちページに組み込むのは面倒です。特に大規模サイトで新しいWeb広告等を導入する度にタグをページ内に設定することは大変な手間となります。なので、タグマネージャーで一元管理しよう、となったわけです。

タグの一元管理でどんな良いことがるのか

タグマネージャー設定に当たっては、タグマネージャー専用タグをまずはサイト内の全ページに設置し、その後、タグマネージャー管理画面から、Google アナリティクスやアドワーズ等の設定を行なえば、完了です。その後も追加したいサービスが出てきたら、管理画面からセットできます。新規タグ設置には時間がかからず、ミスも少なく、良いことしかありません。

Google タグマネージャー講座カリキュラム

タグマネ講座主な内容:

・タグマネージャー(タグマネ)とは?
・なぜタグマネが必要なのか?
・タグ・トリガー・変数
・タグマネ実例
・タグマネの構成
・デバッグツール紹介
・こんな時どうする

タグマネ実例:

1)アナリティクス
2)アドワーズ(コンバージョン・リマーケ)
3)ヤフースポンサードサーチ(コンバージョン・リターゲ)
4)UID*カスタムディメンションも
5)スクロール
6)コンテンツグループ
7)クリックイベント取得(uid連携も)
8)仮想PV設定
9)e-commerce設定

お申し込みは日程詳細から