タグマネージャとは何なのか?

「Googleアナリティクス」や「Google 広告」等のタグを一元管理できるツールです。

タグとはJavascriptで書かれているコードです。以下はアナリティクスタグの例です。

tag

このようなタグをサイト内のページに設置して、アクセス解析に使います。

タグには様々な種類があります(一部)
Googleアナリティクスタグ
Google広告タグ(コンバージョン・リマーケ)
Yahoo広告タグ(コンバージョン・リターゲ)
Facebook広告タグ
Twitter広告タグ
Criteo広告タグ
ヒートマップ・MAツール関連タグ等

これらのタグを個別にページに組み込むのは時間や工数がかかることでしょう。特に大規模サイトでWeb広告等のツールを導入する度にタグをページ内に設定することは大変な手間となります。そこで、タグマネージャーで一元管理しよう、となったわけです。

タグの一元管理でどんな良いことがあるのか

タグマネージャーの設定に当たっては、タグマネージャーのタグをサイト内の全ページに設置し、タグマネージャー管理画面から、Google アナリティクスやGoogle広告等のタグやトリガー、場合により変数設定を行います。その後も追加したいサービス、ツールがあれば、管理画面から設定できます。新規タグ設置には時間がかからず、ミスも少なく、良いことしかありません。

タグマネ講座主な内容


タグマネージャー(タグマネ)とは?
なぜタグマネが必要なのか?
タグ・トリガー・変数
タグマネ実例(具体的内容は下記参照)
タグマネの構成
デバッグツール紹介
こんな時どうする

タグマネ実例

1)アナリティクス
2)アドワーズ(コンバージョン・リマーケ)
3)ヤフースポンサードサーチ(コンバージョン・リターゲ)
4)UID*カスタムディメンションも
5)スクロール
6)クリックイベント取得(uid連携も)
7)仮想PV設定
8)e-commerce設定

*内容は変更となる可能性があります。

お申込み

日時:現在ZOOMによる講座が随時開催されています。
ストアカ Google タグマネージャー講座

https://www.street-academy.com/myclass/80508