サーチコンソールを見ると、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」とメッセージが表示される場合があるのですが、これは、自社サイトがモバイル(スマホ・タブレット等)に対応していない、とった意味です。

まだモバイル対応してないの?

近年、PCよりもモバイルからのサイトへの流入が増大し、モバイルでのユーザビリティに優れたサイトがコンバージョンを得やすい傾向にあります。

更にグーグルは「モバイルファースト」を打ち出し、モバイルに最適化されサイトであれば、検索上位表示される可能性があります*。

*モバイルファースト:
1)スマホ利用者の増加を背景とした「モバイル起点のWebサイト/サービス」である。
2)どこでも、いつでも情報にアクセスできるという概念。
*PCでの検索結果とモバイルでの検索結果が異なる場合があります。ご確認ください。

まだモバイルに最適化できていないサイトを運用している方はレスポンシブやAMP等、対応を急いでください。

サーチコンソールでは情報の反映が遅れます。実際モバイル対応させたにも関わらず、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」とメッセージが表示されてしまう場合があります。そんな時は

モバイル フレンドリー テスト

をお試しください。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談