イベント設定のオプションに非インタラクションがある。

この設定を 'nonInteraction' :true とするか 'nonInteraction' :false にするかでイベント設定したページの直帰率に影響が出る。

イベント設定でnonInteractionはオプション指定であり、記述しなくとも良い。
記述しないと「'nonInteraction' :false 」と同じ扱いである。

参考 gtag.js で記述したイベントのコード例。nonInteractionについては何も書かれていない。

<a href="http://example.jp/" onclick="gtag('event', 'click1', {'event_category': 'linkclick','event_label': 'label'});">ここをクリック</a>

nonInteraction は、非インタラクション。つまりは、「非相互作用」。

false、は、偽。つまり「うそ」。

まとめると、「非相互作用はうそ」である。「相互作用している」のだ。

ページにある、リンクが(デフォ)でイベント設定されていると、リンク リックで、(直帰せず、)遷移している、となる。

リンク設定したページ(イベント設定したページ)と、リンクされたページが、相互作用している=遷移扱いなのである。

当然、イベント設定したページの直帰率は低くなる。

では、離脱はどうか?イベント設定したページでボタンをクリックしてから、30分以上放置したらどうなるであろうか

サイトへ流入すれば、必ず離脱が発生する。ただ、リンクされたページは外部サイトであったり、PDFファイルだったりでそれらのコンテンツには「トラッキングコード」が無い。

答えは、イベント設定したページで離脱となる、だ。

最後におすすめ情報?である。

 'nonInteraction' :false については、「非(non)」の「偽(false)」で頭がこんがらがる御仁、淑女がいるかもしれないので、語呂合わせ的なもので覚えることをお勧めする。非インタラクションのfalse / true でどっちが、直帰しないのか?訳分からなくなってしまうケースがあるようだから。

ノン(non 飲ん)タラ(Intera だら) あ フォ( false あほ)になって 直帰しないがデフォ。

*意訳:飲み屋でひっかけてアホ面になって直帰(会社、取引先から家に直帰しない)しないのが常。

直帰しない

いかがだろうか?

webサイト改善
Webサイト改善したいならアジアスターズ
*アジアスターズ代表自身が、鎧をまとっております。

webマーケ関連資格保有

Google Adwords 認定資格・Google Analytics 認定資格GAIQ・Yahoo!プロモーション広告 Advanced 2015・上級ウェブ解析士。アナリティクス アソシエーション (a2i.jp) 有料会員

アナリティクス・アドワーズ初心者向けセミナー

Google アナリティクス 基礎~なるほど、こう使うのか! 7,000円~

Google アナリティクスの基本が分かります

<こんな事が分かるようになります!>

・Google Analyticsの基本的な使い方
・Google Analyticsの用語の理解
・PDCAでGoogle Analyticsを活用
・Search Console(旧Webマスターツール)の基本的な使い方

Google アナリティクス (Universal Analytics)とは:
サイトのユーザーがどこから来て、どこに行って、何をしたのか?Webマーケを考える際のアクセス解析に必要なツール。PDCAサイクルでサイト改善可能です。

Search Console ( 旧Webマスターツール )とは:
Google検索ワードの掲載順位、クリックされた数といったデータが表示されます。SEOに役立つ情報が取得できます。

お申し込みはストリートアカデミーからどうぞ。

Google アドワーズ 基礎~なるほど、こう使うのか! 7,000円~

アドワーズをビジネスに活用できる1歩を踏み出せます

Googleアドワーズとは:
検索連動型広告・ディスプレィ広告・リマーケティング広告出稿に欠かせないツールです。特にWebサイト立ち上げ時には欠かせません。

<こんな事が分かるようになります!>

・キャンペーンとは
・広告グループ
・広告
・キーワード
・除外キーワード
・品質スコア
・リマーケティング

お申し込みはストリートアカデミーからどうぞ。

アナリティクス/アドワーズ/サーチコンソール 全設定

Webマーケティング「三種の神器」を設定します。 10,000円~

1)Google アナリティクス (Universal Analytics):
Webサイトに関わる分析結果を表示します。PDCAサイクルでサイト改善可能です。 お問い合わせ数 等の目標もしっかり設定しましょう。詳しくは目標の無いWebは壊れた羅針盤をお読みください。

2)Google アドワーズ:
検索連動型広告・ディスプレィ広告・リマーケティング広告、各広告出稿に欠かせないツールです。

3)サーチコンソール ( 旧Webマスターツール ):
Google検索ワードの掲載順位、クリックされた数といったデータが表示されます。SEOに役立つ情報が取得できます。

Googleアカウントのみご用意ください。秘密保持契約書(NDA)対応します。3日程度で完了します。Word Press 対応可能です。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

アナリティクスを使ったWeb解析

Google アナリティクス 認定資格者が、貴社のサイトを拝見(過去3ヶ月程度)し、改善点を提案します。今後のマーケティング活動にお役立てください。50,000円 ~

解析に当たっては以下を条件とします。
1)対象は1件につき1ドメイン
2)目標が既に設定されている
3)最低でも3ヶ月間のデータがある
4)データの共有設定
5)メルマガ送信やアドワーズキャンペーン等のイベント実施日時(もしあれば)
この解析により、Webサイトの現状、改善点が明らかになります。
*情報商材系等のサイトは対応不可とさせていただきます。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

アドワーズでの広告戦略アドバイス

アドワーズには検索連動広告、ディスプレイ広告、リマーゲティング広告等があり、顧客の地域・属性・インタレストを絞ったターティング可能です。貴社のお考えをヒアリングし、Googleアドワーズ認定資格者が最適な広告をオススメします。また、広告費をできるだけ「安く」する方法もご提案いたします。特に検索連動広告には費用を安くする方法があるにもかかわらず、それを知らない方が多すぎます。 50,000円~

購入にあたって以下の情報をいただきます。
1)WebサイトのURL
2)商品・サービス(1回につき1点のみ)
3)競合
4)今までのアドワーズ広告実績(もしあれば)
5)アドワーズのデータ共有
*情報商材系等のサイトは対応不可とさせていただきます。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事