URLに日本語が含まれているとエンコードされてしまって、何が何だかわからなくなってしまうケースがある。例えば、アナリティクス、集客、Search Console、ランディングページを開くとこんな感じ。(一部黒線が引いてあるが、訳の分からない文字列が見える)

アナリティクスでseach Console を確認

これではランディングページが何なのか分からない。

今回はこのランディングページを日本語に表示させる方法だ。
エクスポートからスプレッドシートをクリック。一旦データをスプレッドシートへ。

スプレッドシート選択

データがスプレッドシートに反映された。

スプレッドシート

セルを追加。「パス」と入力。

スプレッドシート セル追加

ツールからスクリプトエディタ。

スクリプトエディタ

スクリプトエディタが表示されたら、下記のように入力、実行クリック。プロジェクトの名前を入力するボックスが表示されるので、「decode」と入れてみた。

GAS

function decodeURI2(uri) {
return decodeURI(uri);
}

スプレッドシートへ戻り、「パス」の下に関数をセットする。

関数セット

黒線を引いたが、ちゃんと日本語が表示された。「パス」の関数部分を下までドラッグしてあげれば、すべての「パス」が日本語として表示された。

パスの日本語化

以上である。

※GAS ( google apps script )と書いたが、GASの開発環境を利用しただけで、実際は超シンプルなJava Scriptである。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談