こんな行動フローを見た。

行動フロー

全て直帰しているイメージがある。

しかし、「行動メニュー」のすべてのページをチェックしたら、妙なことに気がついた。

すべてのページ

217320423.htmlと217323395.htmlが「2」ページビューしている。ページ別訪問数は、同一セッションで同じページを見た場合「1」となる、そんな指標だ。

なぜに?

217320423.htmlと217323395.htmlでセカンダリディメンションから「次のページ遷移」を選択した。すると、同じページを見ていることが分かった。そこで滞在時間が発生していたのだ。同じページのリンクをクリックしてしまったのか?
ここ、同じページを見ていると「行動フロー」では表示されないのだ。

セカンダリディメンション1

セカンダリディメンション2

次に「平均セッション時間」・「平均ページ滞在時間」を考えてみた。

「行動メニュー」のランディングページから「平均セッション時間」を表示。
ランディングページ

もう一度「行動メニュー」のすべてのページ。
すべてのページ

直帰・離脱

平均セッション時間は 00:01:53

(00:02:31(151秒)+ 00:04:59 (299秒))÷4=00:01:53(約113秒)
*セッションで割る。

平均ページ滞在時間は 00:03:45

(00:02:31(151秒)+ 00:04:59 (299秒))÷2=00:03:45(225秒)
*直帰及び離脱は除いたページビューで割る。

ついでに「直帰率」・「離脱率」を考えてみた。

直帰率は50%
4セッションのうち2セッションで直帰が発生しているので。

離脱率は66.7%
全てのPVが6、そのうち離脱が4PVなので。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談