新規かリピーターかを考える時に、元になる指標(数値データ)はユーザーではなくセッションであるというのは、アナリティクス的には常識であった。

新規とリピーター

そこで今回はセグメントを使って新規(New Visitor)とリピーター(Returning Visitor)をユーザーベースで掘り下げてみたい
*ユーザーベースと言うのはセグメントをユーザーで作成したということである。念のため。

ユーザー→行動→「新規とリピーター」→セグメントボタン、新しいセグメントボタンから、セグメント内の「行動」クリック。

セグメントボタン
セグメントボタン

新しいセグメントボタン
新しいセグメント

セグメントの行動は、訪問の頻度によりユーザーをセグメント化する

セッション=1と設定(赤枠)して「行動セッション1」とネーミングした。

行動セッション1

*1回アクセスしたユーザーをセグメント化

セッション=2と設定(緑枠)して「行動セッション2」とネーミング。
*前提として、2を超えたセッションは発生していないものとしている。

行動セッション2

*2回アクセスしたユーザーをセグメント化

どうだろうか?セッションで確認してみよう。

行動セッションまとめ

New Visitor

行動セッション1

ではNew Visitor は16

行動セッション2

New Visitor は2

*ユーザーベースとして捉えている。ここでは、新規、かつ、リピートしたユーザーが「2」存在していて、新規分の「2」セッションがカウントされている。

Returning Visitor

行動セッション1

ではReturning Visitor は0

行動セッション2

Returning Visitorは2
*リピートした時のセッションである。

(16+2)+2=20

*New Visitor(行動セッション1+行動セッション2)にReturning Visitor の行動セッション2をプラスして20である。

何か当たり前の結果がでたとしか言いようが無い。
*ちなみに、ここではNew Visitor の18が全体のユーザー数となる。Returning Visitorの2 はNew Visitorと重複しているため。

参考情報:ユーザーサマリーでの「新規」と「リピーター」

 

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談