アナリティクスにおける合計イベント数とユニークイベント数の違いは何なのだろうか?

イベントの違い

結論は合計イベント数は1セッション上でクリックされた合計数であり、ユニークイベント数は1セッション上で重複クリックを除いたクリック数である。

ユニークイベント数の説明として「カテゴリ・アクション・ラベル単位のユニークイベント数」という説明が「?」マウスオーバーで出現するが良く分からなかった。

ユニークイベント

プライマリーディメンションを変更しても合計イベント数とユニークイベント数の数値に変化は見られないからだ。

プライマリ

そこで以下の設定をしてみて、確認した。

イベントからセカンダリディメンションとして「セッション数」ピボットで「ユーザータイプ」ピボット指標で「合計イベント数」「ユニークイベント数」を設定

ピボット

アドバンスフィルターでセッション=1、セカンダリディメンションでセッション数=1。

アドバンスト

まとめると(新規1ユーザー)1セッションにおける合計イベント数は3でユニークイベント数は1であるということだ

例1:
あるユーザーが3回、1セッション中に電話のバナーをタップしたとする。

カテゴリX アクションA 3Click(タップ)

合計イベント数:3回
ユニークイベント数:1回

と表示される。

(注)イベントのアクションやラベル設定が異なると、ユニークイベント数が異なる。
例として、上記例1において、

カテゴリX アクションA 2Click(タップ)
カテゴリX アクションB 1Click(タップ)
とした場合、

合計イベント数:3回
ユニークイベント数:2回

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談