アナリティクスのフィルタを活用してデータを見る機会はいくらでもある。

リファラスパムの除外、クロスサイトでコンバージョン計測、特定のディレクトリに絞ってアクセスデータを確認したい場合等など。

そんな時にまずやっておかねばならない作業があるのです。

それがビューの新規追加その追加されたビューにフィルタ設定が必要となってきます

ビューとは何か?

ビュー=レポート と考えていただいて問題ありません。

戸惑うかもしれないのですが、ビューが新規追加された(新規レポートが作成された)時点で過去のデータが既にあったとしてもそのデータは反映されません。

あくまでも追加された時点がスタートです。

ビューを新規追加するには

アナリティクス設定のビューから「新しいビューの作成」を選択。新しいレポートビューにて、ビューの名前をつけて、タイムゾーンを設定して「ビューを作成」クリックでOkである。

新しいビューの作成

新しいビュー2

何故、新規追加されたビューにフィルタをかけるのか?

理由は制限事項というものがあるから

フィルタの制限事項:「フィルタの種類によってはそのビューのヒット(ページビュー・イベント・トランザクション等の数値)を恒久的に変更してしまいます。フィルタを適用していないビューを必ず保管しておく必要があります。 」
https://support.google.com/analytics/answer/1033162?hl=ja

いかがでしょうか?

フィルタは新規のビューに対して設定する、そういうことなのです。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談