カート(お問い合わせ)離脱率はカートやお問い合わせまで至ったセッションの内、サンクスページまで行けなかったセッションの割合(%)です。
*サンクスページでのe-commerceタグ設定(ECサイト)や、サンクスページでの目標設定(お問い合わせリードを目的としたサイト)が必要です。

計算式は下記のとおりです。

ECサイト:
(1-(トランザクション数÷カート到達数))*100

お問い合わせリードを目的としたサイト:
(1-(コンバージョン数÷お問い合わせフォーム到達数))*100

*ここではトランザクション数・カート到達数・コンバージョの数・お問い合わせフォーム到達数は全てセッションベースの値を使うものとする。

「カート(お問い合わせ)到達数」のセグメントの作り方

カート(お問い合わせ)到達数は新しいセグメントを作る必要があります。

新しいセグメントクリック。条件から「ページ」と入力
s_1

カートのページを指定。ここでは「/お申込み/」とした。セッション数が画面右に表示されている。
*お問い合わせの場合はお問い合わせフォームを指定すると良いだろう。

s_2

「トランザクション数・コンバージョン数」のセグメントの作り方

ECサイト:
トランザクション数を指定。セッション数が画面右に表示されている。

cart_2

お問い合わせリードを目的としたサイト:
サンクスページの目標設定を指定。セッション数が画面右に表示されている。

cart_1

さあ、当てはめてみよう。

ECサイト:
(1-(トランザクション数÷カート到達数))*100

お問い合わせリードを目的としたサイト:
(1-(コンバージョン数÷お問い合わせフォーム到達数))*100

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談