Yahooヤフー広告とTwitterツイッター広告:Twitter社がセミナーで推している「セルフサービス式Twitter広告」がそのままでは使えない の続報である。

Yahooのサポートに連絡して、Yahooからのリンク解除は完了した。しかし、である。

セルフサービス式Twitter広告のキャンペーン画面でこのようなエラーメッセージが出た。

Twitter広告

「申し訳ありませんが、キャンペーンの保存と掲載を行うには広告掲載申請 (IOの発行) をする必要があります。ご希望の方は、 こちらまでお問い合わせください。」

残念なことに、「こちらまでお問い合わせください」 のリンクをクリックしてもページは変わらない。

この件で問い合わせていたTwitterサポートから連絡がきた。

わかったこと:

セルフサービス式Twitter広告管理画面上で、Yahooアカウントが表示。どうする?

1)Yahoo経由で広告設定する。セルフサービス式Twitter広告管理画面はあきらめる。

2)Yahoo経由で広告設定できるアカウントとセルフサービス式Twitter広告管理画面から広告設定できるアカウント、この2つを共存させる。ここではあえてその方法を開示しない。
*自己責任で。同じ設定でキャンペーンをYahoo経由とセルフサービス式Twitter広告管理画面からも行った場合何らかのエラーが出る可能性はある。推奨しない。

3)セルフサービス式Twitter広告管理画面を使う。Twitter広告のYahooアカウントを解除する。Yahooサポートに解除依頼後、Twitterのサポートに広告管理画面の設定を依頼しないといけない。Twitterはメールでの応答のみ。問い合わせから5日程度(土日含)で設定しましたと回答が来た。

上記エラーメッセージは1)または2)または3)を設定すれば消える。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談