1月になって、SSL対応したセキュアーなサイトでクロームのURL入力欄を見ると「保護された通信」と表示されている。

保護された通信は何を意味するのだろうか?

保護された通信

グーグルはもとより、SSLの使用を訴えてきた。安全、安心なインターネットにはSSLで暗号化されたネットワークが欠かせない、的な。グーグル検索ではSSLを使ってるから、アナリティクスにキーワードを表示させないポリシー宣言からSSLを使ったサイトはSEOで有利にするといったインセンティブまで、SSLにはこだわりがある。

そう言えばSSLでないお問合せフォームのお名前入力欄にはご丁寧にグレーで「このフォームは安全な接続を使用していないため・・」のような表示もあった。ユーザーに「これは危ないんじゃないか感」を引き出すのに充分だ。

このフォームは安全な接続

将来的に「保護されない通信」表示もありうる

と思ったら、クローム最新バージョンではそのような表示が出るようだ。

保護されない通信

詳しくはこちら(英語)

ユーザーに「これは危ないんじゃないか感」を更に引き出すのに充分だ。

レンタルサーバー会社とのSSL契約を急ごうか。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談