検索パフォーマンスを改善できます で2点、どのように改善するのか?についてご紹介します。

検索パフォーマンスを改善できますの詳細をクリックするといくつか項目が表示されます。
サーチコンソール

1)優先するバージョンを選択する
Google 検索結果でサイトを「www」付きで表示するかどうかを選択します。

対応策:
リダイレクトをかけて、物理的に「www」無しと設定します。*
*ここでは『「www」無し』で話を進めます。wwwは「world wide web」です。21世紀である現在において、そんな情報は言わずもがな。必要ないという前提です。

.htaccess ファイルにて下記、記述して必要なディレクトリにアップロードしておいてください。
*****は必要なドメイン名に変更してください。


RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.*****\.com
RewriteRule (.*) http://*****.com/$1 [R=301,L]

2)ターゲットとする国を選択する
サイトが特定の国のユーザーをターゲットとしている場合は地域を設定します。

対応策:
各ページの

<head>

タグから

</head>

タグの間に下記を記述して保存してください。
*****は必要なドメイン名に変更してください。

<link rel="alternate" hreflang="ja" href="http://*****.com/" />
Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談