グーグル広告の「ターゲット拡張スライダー」が見つからないのですが?といくつか質問が寄せられたので記事を書くことにした。
「そんなのはグーグル広告のヘルプを読めばわかる」と無下にしないのがアジアスターズの中の人である。

ターゲット拡張のスライダーはこのようなスライダーである。

ターゲット拡張「オフ」から一番右にスライドさせてリーチを最大限まで拡大させることもできる。真ん中あたりに調整も可能。デフォルトでは上記のように中心よりやや右側に寄っていたり、オフに近い位置に寄っていたり様々なケースがある。おそらく設定ターゲットの母数のボリュームによって、自動調整されているのだろう。

そもそもターゲット拡張とは何か?答えは ディスプレイ広告におけるリーチ拡大施策である。
グーグルの説明文から引用すると
”お客様のターゲット ユーザーに似た、高い成果が見込めるユーザーを Google が探し出せるようにして、より多くのユーザーにリーチしましょう。リーチを拡大すると、表示回数、クリック数、コンバージョン数の増加が見込めます。”
とのことだ。
オーディエンスやリマーケ(類似)等で設定したURL(当該URLに来たユーザー)を拡張してくれる。

では、このスライダーはどこにあるのか?

広告グループを選択した状態で、オーディエンスを選択。「青丸の鉛筆」アイコンをクリック

続いて、広告グループのターゲット設定を編集をクリック

これで終わり。ターゲットの拡張スライダーが見えてくるはずだ。
広告グループから設定するのがミソだ。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談