このツイート。

バナー広告をブランド構築で利用するとか、広告からオウンドメディアに流入させて、コンバージョンさせる「王道」は近い将来激変するのでは?更に言えば、SEOでもソーシャルでもオウンドメディアに向かう流入が将来減るのでは?

イケハヤ氏のツイートでなんとなく、そんな気がした。

確かにFacebookやTwitterのアプリだけで商品を購入できる世界は近づいている。

FaceBook

Facebookは、Facebookページ内で「購入ボタン」付きショップのテストを開始した
http://jp.techcrunch.com/2015/07/16/20150715cant-buy-me-love/

Twitter

Twitterの「購入(Buy)」ボタンが、アメリカで本格運用開始
http://digiday.jp/platforms/small-brands-jumping-twitters-buy-button-integration

ECプラットフォームを握れば利益に繋がるという、両社の思惑が透けて見えるが、それはそれとして、結局のところ、コンバージョンをどう改善するのか?がマーケターの永遠のテーマ。どのプラットフォームであろうと関係はない。

私としては、特にWebサイトの初期フェーズにおいてはアドワーズが有効であり、その最適解を提案させていただくことに変わりはないが、ソーシャルの影響が更に増大し、アプリの囲い込みが進み、それがコンバージョンに繋がるなら、今、必要なのは「そのために備えておく」ということだろう。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談