アナリティクスでユーザー数とセッションを考えてみる。

ある日にユーザーAが午前10時と午後10時にとあるサイトを訪問した。他に訪問したユーザーはいない、と仮定する。

その日のアナリティクスでは

ユーザー数:1

セッション:2

となる。

ここから、ユーザー数はセッションを上回ることは無い、と考えてしまう方もいる。何故ならユーザー数は重複分がカウントされないコアな指標であるので。(ここでは同じユーザーが2回アクセスしているが、2回目はカウントされない)

だから、ユーザよりもセッションのほうが多い。または、午前10時しかアクセスしない場合もあるので、セッションと同じ。そのように思うかもしれない。

しかしである。

時間をディメンション(軸)設定した場合、ユーザー数が増える場合がある

セッションとユーザー

例えばユーザーが午前00時50分から午前01時10まで、とあるサイトを閲覧し続けた場合、セッションは「1」、ユーザー数はなんと「2」となる。

ユーザー数は時をまたいだ時、それぞれカウントされるのだ。

以下のカスタムレポートをダウンロードして確認していただくと、更にご理解が深まるかもしれない。

時間帯解析(平日)
https://www.google.com/analytics/web/template?uid=1I2nb8ESRq2ugHvzcf-qAg

*目標設定についてはカスタマイズしてお使いください。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談