回遊率とは何か?回遊率で検索をかけると「セッション当たりのPV」であると多くのページが検索結果に出てくる。ウェブマーケ系企業のサイトでさへ、そのように説明しているものもある。

果たしてこれは妥当なのだろうか?私はそうは思わない。そもそも基本的な考え方として「百分率」というものの意味を考えてみたい。

Wiki によると「 百分率(ひゃくぶんりつ)は、割合を示す単位で、全体を百として示すものである。 」とある。そこでこれを 「セッション当たりのPV」 に当てはめると「?」となる。分母がセッションで分子がPV??分子もセッションではないか?とか。回遊率を文字通り捉えると、「分子」(回遊した数字)を「分子に該当する数字を含んだ分母」(回遊した数字+回遊しない数字)で割って100で掛け算するのだろうが、この場合どのように考えたらいいの??となるのだ。算数の問題だ。そう考えると 「セッション当たりのPV」を無理くり回遊率と呼ぶのは憚られる。 「セッション当たりのPV」 は 「セッション当たりのPV」 としか言いようがないのではないか?CPA(コンバージョン当たりのコスト)とか、CPC(クリック当たりののコスト)とかと同じである。

しかも何故か回遊「率」と書かれているのにそれらの回遊率の説明ページでは「%」表示は無だ。もう一度言う。回遊率の説明で「%」が無いのだ。私が観測した範囲でいえば2年くらい前から様々なサイトで同じように掲載されている。

例えばこんな感じだ。「回遊率とは、一人のユーザーがホームページ内のページをどれだけ閲覧したのかを表す指標です。 回遊率は、1訪問あたりのページビュー数(PV/1訪問)で表します 」

某有名な企業のページからの抜粋であるが、ここで、この考え方を当てはめた例を提示する。AさんがTOPページだけを見て、直帰したら、1÷1で回遊率が「1」。1回遊した?となる。直帰でも回遊しているような不思議な説明、しかも「%」が無い。このようなコンテンツがコピペされ、様々なサイトで同じような説明がなされている。悲劇だ。

次に回遊とは何か?を考えてみたい。Wikiによると「回遊(回游、洄游、かいゆう)とは、海や川に生息する動物が、成長段階や環境の変化に応じて生息場所を移動する行動 」とある。ウェブマーケでは単にサイト内のページの移動と捉える方もいるが、私は「ランディングページから他のページへの移動」と考えている。

そもそも回遊とは「移動する行動」である。ランディングページだけを見て回遊している、というのは違和感しかない。ランディングページから他のページに移動して、こそ回遊ではないだろうか?

アジアスターズでは回遊率を次のように計算している。

当該ページへのセッション÷ランディングページのセッション*100

ランディングページはTOPページ。当該ページというのは、例えばB2Cなら商品紹介ページ、B2Bなら会社紹介ページ等、コンバージョンをする際に必ず見るであろうページとなる。
*LPではなく、よくあるタイプのサイトを想定。

ではどのように当該ページへのセッション、ランディングページのセッションを取得するのか?そこで、アナリティクスのファネル活用を参照して欲しい。
ステップ1、2としてセグメントのシーケンスを使って必要なセッションを取得できる具体的な方法が説明されている。
*ステップ1~4でサンクスページまでの流れをセッションで把握できるので興味ある方は アナリティクスのファネル活用を 最後までお読みください。

webサイト改善
Webサイト改善したいならアジアスターズ
*アジアスターズ代表自身が、鎧をまとっております。

アナリティクス・Google広告初心者向けセミナー

Google アナリティクス 基礎~なるほど、こう使うのか! 8,000円~

Google アナリティクスの基本が分かります

<こんな事が分かるようになります!>

・Google Analyticsの基本的な使い方
・Google Analyticsの用語の理解
・PDCAでGoogle Analyticsを活用
・Search Console(旧Webマスターツール)の基本的な使い方

Google アナリティクス (Universal Analytics)とは:
サイトのユーザーがどこから来て、どこに行って、何をしたのか?Webマーケを考える際のアクセス解析に必要なツール。PDCAサイクルでサイト改善可能です。

Search Console ( 旧Webマスターツール )とは:
Google検索ワードの掲載順位、クリックされた数といったデータが表示されます。SEOに役立つ情報が取得できます。

お申し込みはストリートアカデミーからどうぞ。

Google 広告 基礎~なるほど、こう使うのか! 7,600円~

Google 広告をビジネスに活用できる1歩を踏み出せます

Google 広告とは:
検索連動型広告・ディスプレィ広告・リマーケティング広告出稿に欠かせないツールです。特にWebサイト立ち上げ時には欠かせません。

<こんな事が分かるようになります!>

・キャンペーンとは
・広告グループ
・広告
・キーワード
・除外キーワード
・品質スコア
・リマーケティング

お申し込みはストリートアカデミーからどうぞ。

アナリティクス/Google 広告/サーチコンソール 全設定

Webマーケティング「三種の神器」を設定します。 40,000円~

1)Google アナリティクス (Universal Analytics):
Webサイトに関わる分析結果を表示します。PDCAサイクルでサイト改善可能です。 お問い合わせ数 等の目標もしっかり設定しましょう。詳しくは目標の無いWebは壊れた羅針盤をお読みください。

2)Google 広告:
検索連動型広告・ディスプレィ広告・リマーケティング広告、各広告出稿に欠かせないツールです。

3)サーチコンソール ( 旧Webマスターツール ):
Google検索ワードの掲載順位、クリックされた数といったデータが表示されます。SEOに役立つ情報が取得できます。

Googleアカウントのみご用意ください。秘密保持契約書(NDA)対応します。3日程度で完了します。Word Press 対応可能です。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

アナリティクスを使ったWeb解析

Google アナリティクス 認定資格者が、貴社のサイトを拝見(過去3ヶ月程度)し、改善点を提案します。今後のマーケティング活動にお役立てください。80,000円 ~

解析に当たっては以下を条件とします。
1)対象は1件につき1ドメイン
2)目標が既に設定されている
3)最低でも3ヶ月間のデータがある
4)データの共有設定
5)メルマガ送信やアドワーズキャンペーン等のイベント実施日時(もしあれば)
この解析により、Webサイトの現状、改善点が明らかになります。
*情報商材系等のサイトは対応不可とさせていただきます。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。

Google 広告での広告戦略アドバイス

Google 広告には検索連動広告、ディスプレイ広告、リマーゲティング広告等があり、顧客の地域・属性・インタレストを絞ったターティング可能です。貴社のお考えをヒアリングし、Google 広告認定資格者が最適な広告をオススメします。また、広告費をできるだけ「安く」する方法もご提案いたします。特に検索連動広告には費用を安くする方法があるにもかかわらず、それを知らない方が多すぎます。 80,000円~

購入にあたって以下の情報をいただきます。
1)WebサイトのURL
2)商品・サービス(1回につき1点のみ)
3)競合
4)今までのアドワーズ広告実績(もしあれば)
5)アドワーズのデータ共有
*情報商材系等のサイトは対応不可とさせていただきます。

お申し込みはお問い合わせからどうぞ。