グーグルによると、遅くとも2017年2月までにモバイル ファースト インデックスが導入されるようだ。
*Google社員からの証言による。

今後モバイル向けに作られたページの評価が検索結果のランキングに用いられる。PCからの検索であったとしても、モバイル向けページの評価を基準にして検索結果が表示される。

モバイル検索が主役

今まで上位表示されていたサイトがレスポンシブ対応をしていないと順位が落ちる

2015年より、グーグルはモバイルファーストを連呼していた。

これからは「モバイルの時代」だと。そしてモバイル フレンドリー テストの登場。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

グーグルがモバイル対応を急いでとアナウンスしたのもこの頃。

2015年中旬モバイルの検索流入がPCのそれを超えたとの声をあちらこちらから聞いた。

ワードプレスのレスポンシブデザインが「もてはやされる」ようになる。

グーグルは検索連動型広告の右スペースを廃止(パソコン向け)。続いて拡張テキスト広告(モバイルに最適化した広告)を発表。

ついに、2016年10月モバイル ファースト インデックスのアナウンスだ。

グーグルは準備していたのである。

参考:https://www.suzukikenichi.com/blog/google-introduces-mobile-first-index/

モバイル ファースト インデックス どうすれば

レスポンシブデザインがその答だ

パソコン・モバイルで各ページ分岐させていて、パソコン向けページが評価されている場合、今回のインデックスで問題になる。

パソコン・モバイルで各ページにコンテンツ量に違いがある場合(特にモバイル向けが少ない場合)問題になる。

予算が無い、急ぎたい、そんな方はワードプレスをお勧めしたい。

お問合せください

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談