ウェブマーケティングという茶番 (経営者新書)

この本によると、どうやら、一部の広告代理店はYahooやGoogle等、実際に広告サービスを展開している企業に「いくら支払っているのか」をクライアントに提示していないようだ。

マージンを加えての「ごっつあん」請求で売上があがる、と言う。

クライアントのマーケ担当者は、言われるがままに「あ、そう」と支払い続けるのだろうか?

想定していたコンバージョンがなければ「代理店が・・」と言い訳をするのだろうか?

自社で広告を出稿する、という発想

ネット広告はテレビやラジオ広告とは明らかに違う。

YahooやGoogle、Facebook、Twitter広告は自社でも出稿できるのだ。

そして、ネット広告の成果はサイト分析ツールですぐに分る。

お問い合わせや購入回数、滞在時間、ページビュー等さまざまなデータが取れる。

ネット広告はSEOより確実に集客ができて、運用経験を積めば、費用を抑える方法も分ってくる。

PDCAを回す上で、Web広告ほど確実な手段は無い。

SEOのデメリット

・時間がかかる
・特定ワードで上位表示させることが困難な場合がある
・被リンク等小手先のハウツーに悩む
・SEOの評価軸は時とともに変わる

広告出稿のノウハウを自社に蓄積するのは大切だ。

自社でやるのだ。

広告出稿ツール、サイト分析ツールが普及している今、学ぶべきはそれらツールの使い方とどのようにPDCAを回して利益を上げるかというWebマーケの考え方だろう。

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談