2021年2月26日現在「ユーザープロパティー」ボタンは削除されています。
* 今後はアナリティクス4 メニューのカスタム定義、カスタムディメンションを作成において必要なユーザープロパティーの設定を行ってください。

アナリティクス4のユーザープロパティーについてザックリ言うと、ユーザー単位で自動で収集されるデータ及び、手動で収集されるデータの総称。

自動で収集されるデータとして例えばAge 、Country 、Device Category等がある。手動では例えばユーザーID(UID)がある。会員登録させて、UIDを発行し、そのUIDで各ユーザーのサイト内行動を把握できるようになる。

イベントと違い、ユーザープロパティーはタグマネージャーの設定が必須である。

各ページに配置されたUIDをタグマネージャーに送るデータレイヤー

データレイヤー

UIDを受け取るタグマネージャーのデータレイヤー変数

データレイヤー変数

タグマネージャーのタグでプロパティー名と値をセット

タグマネージャー設定

GA4でのユーザープロパティー名設定

user_id

アナリティクス4 メニューのカスタム定義、カスタムディメンションを作成において当該プロパティー登録。スコープはユーザー。ディメンション名とユーザープロパティーは同じものを入力。ここでは両方とも「user_id」入力します。
*タグマネージャーのプロパティー名と合わせる。

アナリティクス4イベントはこちら

Webマーケツール講座無料相談

Webマーケツール講座無料相談
コンバージョン(サイト上の成果)を改善するにはまずは、ツールの使い方とコンバージョン改善の考え方を知らねばなりません。
アジアスターズ webマーケ部では、Google アナリティクス2講座、Googleサーチコンソール・Google広告・Googleタグマネージャー・Googleデータポータル各1講座、全6講座をご用意しています。
Webマーケツール全6講座無料相談