ヤフーですが、2015年8月実施の「ヤフー検索サービス」のSSL化に続き、2016年4月から2017年3月にかけて本気(マジ)のトップページSSL対応のニュースリリースでました。

http://docs.yahoo.co.jp/info/aossl/index.html

これにより、ヤフー自然検索からの流入は「ノーリファラー(direct/none)」となり、Googleに倣ってキーワード(クエリ)が一切取得できなくなるでしょう。ポリシー的にキーワードを渡さない、という方向です。
但し、私の予想としては、影響度の大きさからGoogleに倣い、リダイレクト的なモノをかませて参照元/メディアのyahoo/organic は取得できるようになるでしょう。

「ヤフー検索サービス」がSSL化した当時はSEO関係者、Webマーケ関係者間で結構話題になりましたが、実際ほとんどの方が使ったことがないこのサービスでキーワードが取れなくても、さほどのインパクトはなかった、と思われます。
*少なくともネットでお仕事に関わる約200人の方々は使ったことがないと言っています。

しかし、ヤフートップページからの自然検索でキーワードが取れないとすると、その影響は甚大です。

今後、SEO、Web広告、Webマーケ的観点からキーワードを軸にどう施策に盛り込むのか、イロイロと頭をめぐらせなければなりません。