新規かリピーターかを考える時に、元になる指標(数値データ)はユーザーではなくセッションであるというのは、アナリティクス的には常識であった。

新規とリピーター

そこで今回はセグメントを使って新規とリピーターをユーザーベースで掘り下げてみたい

ユーザー→行動→「新規とリピーター」→セグメントボタン、新しいセグメントボタンから、セグメント内の「行動」クリック。

セグメントボタン
セグメントボタン

新しいセグメントボタン
新しいセグメント

セグメントの行動は、訪問の頻度によりユーザーをセグメント化する

セッション=1と設定(赤枠)して「行動セッション1」とネーミングした。

行動セッション1

*1回アクセスしたユーザーをセグメント化

セッション=2と設定(緑枠)して「行動セッション2」とネーミング。

行動セッション2

*2回アクセスしたユーザーをセグメント化

どうだろうか?

行動セッションまとめ

New Visitor

行動セッション1

では新規ユーザーは16

リピーターは2
*リピートする前のセッションである。

Returning Visitor

行動セッション2

では新規ユーザーは0
*それはそうである。新規なのだから。

リピーターは2
*リピートした時のセッションである。

何か当たり前の結果がでたとしか言いようが無い。発見としてはNew Visitor=ユーザー数となっていることか。